ヘッドフォンアンプその2

以前作ったヘッドフォンアンプを今回はボリュームをつけて作り直しました。VOXのamPlugを使っていたんですが、電源が単4乾電池2本だからなのかすぐ歪むような気がします。あとベース練習には特性がフラットな方がいいかなぁと思ったのもあります。
回路図、レイアウトは下図です。
08_112_1HEAD2s.gif
08_112_2HEAD2l.png
電解コンデンサが100u→47uに変更されていますが、手持ちの分を使っただけです。大して変わっていないので特に書くことがありません…

タグ : エレキベース ヘッドフォンアンプ 

ヘッドフォンアンプ

08_80_1HEAD.jpg
またも思いつきですがヘッドフォンアンプを作りました。主にベースを弾くときに使ったりします。
回路図は↓
08_80_2HEADs.gif

WanderlustのFeadの簡易版のようなものです。オペアンプはNJM5532とかNJM4556に変えても大丈夫っぽいです。ただしヘッドフォンが壊れても責任は取れません。

音量はゲイントリマーで調節します。ちゃんとしたボリュームがないのはヘッドフォンにダメージを与えそうで本当は良くないです。1uFの後の100kΩの抵抗をボリュームにしたらいいのですが、とにかくシンプルにしたくてやめました。

レイアウトは↓
08_80_3HEADl.gif
無理やり小さくしています。Voxから出てるヘッドフォンアンプみたいにしたかったんですが、あんなに小さくするのはチップ部品でも使わない限り無理そうです。

タグ : エレキベース ヘッドフォンアンプ 

Bumper crop studio 386 Guitar Amp

08_17_102TOM.jpg
Bumper crop studioの386 Guitar Ampです。以前スピーカー2発で作ってたんですがDeanMarkley K-15に練習用アンプの座を奪われていました。なので今回はコンパクトに組みなおして手軽に携帯できるということを重点におきました。takerock Rock'nRoll HeavenのEros Union Ampを参考にボリュームとトーンを削除してます。電源スイッチはジャックです。ゲインはたまたまあった1kBのポットを使いましたが、これで丁度いいです。ボリュームがないのはあまり良くないかと思いましたが、電源オン・オフ時の雑音はたいして出てません。まあ壊れたらそんときはそんときで。

レイアウトはその場で適当に考えたので、内部に余裕がないです。スピーカーの前面はそこらへんにあった布を張っています。こうしないとスピーカーがバリバリいいます。スピーカーは100円ですが全然問題ないです。夜だとうるさいぐらいの音量がでます。

そういえば、使おうとしたポットが2個も壊れてました。確かに使い古したヤツだったんですが、あんまり熱しすぎると壊れるみたいです。今まで電解コンデンサでも壊れたことないんですが…電解コンデンサより弱いんでしょうか。とりあえずつける前にちゃんとチェックしないといけません。

タグ : エレキギター アンプ 

管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
Twitter
GitHub

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

自作エフェクター   レイアウト   回路図   歪み   PureData   周波数特性   波形・倍音   マイコン   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   エフェクター自作方法   歪率   エレキベース   真空管   コーラス   ピックアップ   静音ギター   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   市販エフェクター   アコースティックギター   ブースター   コンデンサ   ソロギター   ポールピース   イコライザー   コンプレッサー   ビブラート   フェイザー   トレモロ   TAB譜   ディレイ   DIY_Layout_Creator   ワウ   オートワウ   バッファー   

最近の記事
最新コメント
Twitter
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター