私のエフェクター自作方法【4】ケース

ケースの穴あけと塗装をします。

[穴あけ]
私はJw_cadというフリーの製図ソフトを使って下図のようなものを描いています。
04_57_1caseh.png
それをソフト上で印刷すれば正確な寸法で印刷してくれます。そして印刷したものをケースに貼り付けて穴位置を決めます。
いきなり太いドリルだとかなりズレるので、センターポンチ→2mmのピンバイス→3mmのドリルという風に使って浅く穴を開けておきます。まぁどんなに頑張っても0.5mmぐらいズレることがあります…
そして最終的に5mmのドリルで穴をあけます。もっと太いドリルがあればいいんですが、太いドリルは値段が高いしズレやすいので持っていません。
あけた穴にリーマーを突っ込んで穴をグリグリ広げるんですが、これがなかなか大変な作業です。フットスイッチ用の穴は直径12mmもあるので…(ステップドリルがあればかなり作業が楽になります。)

[塗装]
私は塗装の剥がれとかも味のひとつかなと思うので、あまり丁寧にはしていません。
1)表面を紙やすりで磨きます。私は#120の紙やすりで適当にやってます。
2)台所用洗剤を使って洗います。脂分がついていると塗料をはじくらしいです。
3)塗装します。ゆっくりやらないとすぐ塗料がタレてきます。私はいつも100円ショップのスプレー塗料です。
4)ある程度乾いたらオーブントースターで5分ぐらい焼きます。塗料によってはやりすぎるとこげて色が濃くなることがあります。自然乾燥でもよいと思います。

[完成]
04_57_2case.jpg
ポットの回転防止の穴もあけています。

04_57_3case2.jpg 04_57_4case3.jpg
塗装済みケースの場合、大抵ケース内部や裏フタもしっかり塗装されています。インプットジャックを取り付ける部分や、裏フタのネジ穴一箇所の塗装を剥がし、ケースや裏フタがアースに繋がるようにしておきます。

タグ : エフェクター自作方法 

コメントの投稿

非公開コメント

Re:私のエフェクター自作方法【4】ケース

ケース自体は作ってるんですか?

> 九十九 一さん
ケースは既製品です。アルミダイキャストボックスというのが一般的です。
管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
Twitter
GitHub

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

自作エフェクター   レイアウト   回路図   歪み   PureData   周波数特性   波形・倍音   マイコン   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   エフェクター自作方法   歪率   エレキベース   真空管   コーラス   ピックアップ   静音ギター   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   市販エフェクター   アコースティックギター   ブースター   コンデンサ   ソロギター   ポールピース   イコライザー   コンプレッサー   ビブラート   フェイザー   トレモロ   TAB譜   ディレイ   DIY_Layout_Creator   ワウ   オートワウ   バッファー   

最近の記事
最新コメント
Twitter
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター