PT2399 Chorus

Rebote Delayに使われているPT2399というディレイ専用のデジタルICがあります。これを使ってコーラスを作ってみようという案です。

コーラスは簡単に言うと「ディレイタイムを周期的に変化させるディレイ」です。単純にRebote DelayにLFO(Low Frequency Oscillator:低周波発振器)を入れてやれば出来そうな気がします。

DIYstompboxesというサイトでEcho Baseという同じ発想のエフェクターの回路図があったと思うので気になる人は探してみてください。

とりあえずブレッドボード上でPT2399のデータシートにある回路を組んでみました(ありあわせの部品なので多少値は違いますが)。でも低インピーダンスじゃないとダメみたいで前にバッファを入れます。そしてデータシートのように抵抗値とディレイタイムの関係を測定してみました(下グラフ)。
14_42_1Dtime.gif
比例関係にあるのがわかります。Y軸切片からディレイタイムの最小値は約30msのようです。そこから5kΩごとに約60ms増えていく感じです。コーラスに使うにはギリギリのディレイタイムかもしれません。

抵抗値があまり0に近すぎるとノイズが入るようです。TONEPADではそこらへんを考えているのかも。あと、ディレイタイムを長くするほど、リピートを重ねるほどディレイ音が歪んできます。50kΩ(630ms)ぐらいが限度でしょう。

でLFOをつけてみます。LFOによる電圧の揺れを抵抗値の揺れに変換するわけですが、それにはトランジスタやフォトカプラが使えそうです(私もよくわかってないですが…)。

LFOはZombieChorusのを使ってみました。そしてEcho Baseに倣ってFET(2SK30ATM-GR)を使ってみました。するとコーラス音が出ました!しかしDepthのポイントがすごく狭いです(ほとんど一点)。

今度はフォトカプラ(TLP521)を使ってみました。やはりコーラス音は出るんですが、ポイントが狭いです。

どうやら結構シビアな調整が必要なようです。私はLFOのことを全くわかってないので、勉強してから再挑戦したいと思います。どうせなら変態的にしてみたいところです。

<以上2008年4月8日、以下2009年1月4日追記>

しばらく放置していましたが、Rebote Delay 2.5にEcho BaseのLFOをつけてみました。
14_42_2LFOs.gif

トリマーを2kぐらいに合わせるとコーラス音が出ました。でもやっぱり普通のアナログコーラスの音のほうがいいです…トリマーなしでRebote Delay 2.5のディレイポットを使うとディレイ音にモジュレーションかかって怪しい音が出せますので、これはこれでよいかもしれません。

というわけで結局コーラスを作ることは失敗に終わりました。そのうちgarrettaudioで安く手に入るV3102とV3207を使って(できればMXRサイズで)コーラスを作ってみたいと思います。

タグ : コーラス 

コメントの投稿

非公開コメント

PT2399だったら安価でコーラスが作れるかもしれませんね。
MN3007は高すぎです。
変態的な音と自然な音を切り替えられたり、つまみでいじれたりすると素敵ですね。
ゾンビを作らずにまってますw

そうですね~ノイズ面でも有利かと思います。
しばらく時間がかかりそうなので気長にお待ちください。

なんだか難しくてさっぱりですw

でもコーラスが安く出来たらきっとはやりますよ!

やっぱり部品が多いのは避けられそうにないですが…

Re:PT2399 Chorus

http://musicfromouterspace.com/analogsynth_new/ECHOFXXX/images/ECHOFXXSchematic.gif

古い記事なのでレス無用だったらごめんなさい。

上の回路図はopアンプの指数変換器、
記憶が違ってなかったらアナログシンセのoct/vの回路を使ってますね、

なので簡易的に
エミッタ接地(共通)回路の
ベースにlfoの出力を微小電圧(抵抗で分圧)で入力
コレクタをディレイicのvcoに直入力(トリマ不要)でいけるかもしれません。

Re:PT2399 Chorus

upした後思い出したのですが

どちらでもいいんだけどたぶん指数変換器はアンチログアンプでした。

これはトランジスタの物理特性そのもの
(VBEの電圧がコレクタ電流に指数変換される)
を利用するので
OPアンプで回路が増えているのは温度補償です。

lfoだけならいらないかも

> route774 さん
コメントありがとうございます。
その後Magnus ModulusやDimension Pを作ることも検討しましたが、結局普通のコーラスがいいかなぁと思っています。
管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
Twitter
GitHub

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

自作エフェクター   レイアウト   回路図   歪み   PureData   周波数特性   マイコン   波形・倍音   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   エレキベース   エフェクター自作方法   歪率   真空管   コーラス   ピックアップ   静音ギター   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   市販エフェクター   アコースティックギター   ブースター   コンデンサ   ソロギター   ポールピース   イコライザー   コンプレッサー   ビブラート   フェイザー   トレモロ   TAB譜   ディレイ   DIY_Layout_Creator   ワウ   オートワウ   バッファー   

最近の記事
最新コメント
Twitter
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター