WAY HUGE WHE208 OVERRATED SPECIAL 解析


WAY HUGEは有名エフェクタービルダーJeorge Tripps氏のブランドで、何か一つ解析してみたいと思い、OVERRATED SPECIALを中古で入手しました。KiCadとLTspiceのデータはGitHubにあります。



▽回路図
WAY HUGE OVERRATED SPECIAL schematic
基板が2枚あり、回路図の上半分が黒いメイン基板上の回路です。下半分が赤い基板上のリレーバイパスと電源関係の回路ですが、あまり動作を理解できていません。電源供給が断たれた時、バイパス状態になるように設計されているようです。

メインの回路は、大部分がチューブスクリーマーと同じとなっています。主な違いは、500Hzコントロール部追加、バイアス電圧が高め、バイアス電圧部のコンデンサ容量が小さいといった所です。また、トーンのポットがCカーブなので、操作感が違っています。

TONE最大・最小時は同じで50%時に高音域寄りになりますが、思ったよりバランスがよいコントロールに感じます。

500Hzコントロールは、実測・シミュレーションではなぜか900Hz付近の増減となっています(下図)。

周波数に関係するコンデンサはC15とC16、抵抗はR23とR24です。これらが前の所持者により交換されている可能性を考え、他の個体の内部写真を検索しました。コンデンサは同じ値なのを確認できましたが、抵抗については明瞭な画像がなく値がわかりませんでした。再度半田付けしたような痕跡はない(下写真)ので、やはり元々こういう設計なのだろうと思います。

同時期に発売されたGREEN RHINO MKIVに500Hzコントロールがあるので、これを発展させた結果周波数が変わったのかもしれません。後発のSmallsシリーズのWM28では「freq」という表記に変わっているので、こちらも周波数は500Hzではない可能性が高いと思います。


タグ : 市販エフェクター 歪み 回路図 周波数特性 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
X(旧Twitter)
Instagram
GitHub
BOOTH

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

回路図   歪み   自作エフェクター   周波数特性   市販エフェクター   レイアウト   マイコン   波形・倍音   PureData   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   歪率   エレキベース   エフェクター自作方法   コーラス   真空管   ピックアップ   静音ギター   SansAmpBDDI   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   ブースター   アコースティックギター   ソロギター   イコライザー   ポールピース   コンデンサ   コンプレッサー   ディレイ   TAB譜   DIY_Layout_Creator   ビブラート   フェイザー   トレモロ   バッファー   ワウ   オートワウ   

最近の記事
最新コメント
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター