FZ-1WVL


以前アクリル筐体のFuzz Faceを製作したのですが、ファズに関する知識があまりない頃に作ったものなので、何となく中身を作り直したくなりました。そこで、最近解析したBOSS FZ-1Wを簡略化したものを入れることにしました。「VL」はヴィンテージモード、ライトバージョンという意味合いです。

▽回路図

内部スペースがあまりないため、トゥルーバイパスでヴィンテージモードのみとしました。トーンは省くことも考えましたが、やはり必要だろうと思い、トリマーで調整できるようにしています。電源はできるだけ簡略化せず、誤って18Vを入力しても大丈夫なように配慮しました(参考→BD-2W)。ラッチングリレー周辺はGEOのLatching Relay Bypass Circuitを元にしたものです。以前は9V仕様でしたが、電池の減りで安定動作しなくなる可能性を考え5Vとしました。

メインのトランジスタ2SC5395Fはサトー電気で100個購入していたのですが、運が悪かったのかhFEが340以上のものがありませんでした。仕方なく320~330程度のものを使用しています。

一番問題だったのがポットで、Cカーブ5kΩのネジ部がない小型ポットがなかなか見つかりません。PT01-D120D-A502というものがあったのですが、逆対数という表記なのに実際はAカーブ(対数)となっています(そのうち表記が修正されるかもしれません)。とりあえず、AliExpressにあったメーカー不明のものを購入しました。少しカーブの変化が急な気がするものの、問題なく使えています。

基本的にはFZ-1Wと同じ音で、筐体が円形になったことで何となくファズフェイスに近くなったような気がします。ファズとしては部品点数がなかなか多いですが、トランジスタを選別せずR21をトリマーにするといった対応をすればクローン製作もやりやすいのではないかと思います。

タグ : 自作エフェクター 回路図 歪み 

コメントの投稿

非公開コメント

これ良いですね!

FZ-1Wの記事の頃から作ってみたいと思いトライしているのですが
技量が無く失敗するので、以前の記事の様なレイアウトを公開して頂けると
嬉しいです。

Re: これ良いですね!

コメントありがとうございます。
最近はもうユニバーサル基板で作ることがなくなってしまいました。今後レイアウト図を考える可能性は低いですね…
管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
X(旧Twitter)
Instagram
GitHub
BOOTH

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

回路図   自作エフェクター   歪み   周波数特性   市販エフェクター   レイアウト   マイコン   波形・倍音   PureData   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   歪率   エレキベース   エフェクター自作方法   コーラス   真空管   ピックアップ   静音ギター   SansAmpBDDI   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   ブースター   アコースティックギター   ソロギター   イコライザー   ポールピース   コンデンサ   コンプレッサー   ディレイ   TAB譜   DIY_Layout_Creator   ビブラート   フェイザー   トレモロ   バッファー   ワウ   オートワウ   

最近の記事
最新コメント
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター