いろいろなPT2399

今までに入手した印字が違う4種類のPT2399についてメモしておきます。

22_272_1pt.jpg
・PTCロゴ、たぶん本物
千石電商で購入(現在は販売なし)。秋月電子や共立エレショップの商品写真もこれ。


・DTC
わざと「DTC」にしたのだろうか、偽物感が強い。AliExpressで購入(10個1.5ドル)。


・|PTC|
なぜか縦棒が入っている。AliExpressで購入(10個1.5ドル)。


・PTCロゴ、半角っぽい文字
PTCロゴがデータシート記載のものと同じ。AliExpressで購入(10個1.42ドル)。



それぞれ特性を測定し比較してみたのですが、ノイズが多かったり、ディレイがかからなかったりといった不具合があるものは見つかりませんでした。耐久性は不明ですが、動作が全く違うニセモノというのは案外ないのかもしれません。

---以下2021年8月23日追記---

Reincarnation ChorusのPT2399を最下段のもの(半角っぽい文字)にすると、本物では出ていなかったクロックノイズが発生しました(「DTC」「|PTC|」については手元になくどうなのかわかりません)。通常のディレイ用途でも、やはり本物(最上段)を使う方が安心だと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
X(旧Twitter)
Instagram
GitHub
BOOTH

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

回路図   歪み   自作エフェクター   周波数特性   市販エフェクター   レイアウト   マイコン   波形・倍音   PureData   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   歪率   エレキベース   エフェクター自作方法   コーラス   真空管   ピックアップ   静音ギター   SansAmpBDDI   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   ブースター   アコースティックギター   ソロギター   イコライザー   ポールピース   コンデンサ   コンプレッサー   ディレイ   TAB譜   DIY_Layout_Creator   ビブラート   フェイザー   トレモロ   バッファー   ワウ   オートワウ   

最近の記事
最新コメント
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター