TPA3118モノラルパワーアンプモジュール解析

07_264_1tpaP.jpg
AliExpress等で格安で販売されているパワーアンプモジュール基板を解析してみました。TPA3118というD級パワーアンプICが搭載されています(本物かどうかは不明)。このICはVOX MV50に使われているようです。放熱がうまくできれば50Wのパワーアンプなんてのも自作できるかもしれません。

【参考ページ】
Texas Instruments TPA3118D2
Texas Instruments TPA3110D2 評価モジュール

▽回路図

コンデンサはいったん取り外して値を確認しました。結線は全て確認したわけではありませんが、データシート通りと考えて大丈夫でしょう。※R22、C20は電源投入時の発振防止用のようです(2023年1月28日追記)。

ゲイン設定を変える場合は下の表の通りになります。
ゲインR28R27入力インピーダンス
20dB5.6kΩなし60kΩ
26dB20kΩ100kΩ30kΩ
32dB39kΩ100kΩ15kΩ
36dB47kΩ75kΩ9kΩ
※簡易的には、R27を取り外すだけで20dB設定となるようです。

だいぶ雑ですがNJM2073ギターアンプのパワーアンプ部分をこのモジュール(ゲイン設定36dB)に置き換えました。公式評価モジュールで積層セラミックコンデンサが使われていますので、コンデンサの交換はあまり意味がなさそうです。一応入力のコンデンサだけ10uFのものを取り付けています。音質変化はよくわかりませんが、歪まずに大きな音量が出せるようなったように思います。
07_264_3tpaI.jpg

タグ : 回路図 アンプ 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
X(旧Twitter)
Instagram
GitHub
BOOTH

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

回路図   歪み   自作エフェクター   周波数特性   市販エフェクター   レイアウト   マイコン   波形・倍音   PureData   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   歪率   エレキベース   エフェクター自作方法   コーラス   真空管   ピックアップ   静音ギター   SansAmpBDDI   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   ブースター   アコースティックギター   ソロギター   イコライザー   ポールピース   コンデンサ   コンプレッサー   ディレイ   TAB譜   DIY_Layout_Creator   ビブラート   フェイザー   トレモロ   バッファー   ワウ   オートワウ   

最近の記事
最新コメント
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター