Fuzz Face 積層アクリル筐体

02_260_1ffp.jpg
以前基板筐体のDS-1を製作しましたが、今度は丸い筐体のエフェクターも作ってみたくなりました。そうなると思いつくのはやはりFuzz Faceです。

下写真のように基板とアクリル板計8枚から構成されています。※アクリル加工の注文等に関しては別記事

電池も入れられるようにしたので、あまり内部に余裕がありません。タクトスイッチ基板は表側の基板から吊り下げるようになっています。設計ミスでDCジャックの横に少し隙間があいてしまいました。

▽回路図(KiCadデータはGitHubへ)

ファズは入力インピーダンスが低いものが多く、バッファードバイパスにすると音が変わるため、トゥルーバイパスにするしかありません。ノイズを最小限にするため、リレーを最短距離で配線しています。回路はTrue Bypass Relay Moduleの時とほぼ同じですが、9Vのリレーを使用し、チャタリングが少ないスイッチ用に一部抵抗値を変更しています。

トランジスタは、一般的な2SC1815のチップ版ということで、なんとなく2SC2712を選びました。バイアス調整としてはコレクタに繋がる抵抗(R2、R5)をトリマーにすることがあるようですが、Fuzzface概論というページを参考にR2を可変にすることにしました。そこで登場するのが、紙を鉛筆で黒く塗りつぶした抵抗器です。R2に並列に取付できるようになっています。少し取付部の距離が長すぎましたが、頑張って塗りつぶせば10kΩ程度まで値を下げられると思います。

実際に抵抗値を調整してもあまり音に変化がない感じだったので、どこかにミスがあるかもしれません。やはりファズは難しいですね。最終的にR2は100kΩ、紙の抵抗器も100kΩ程度にしています。

紙と鉛筆の抵抗器は、昔コンデンサの自作をした際にアイデアだけがありました。数年の時を経て実現できてよかったです。経年変化がどうなのかはわかりませんが、他のエフェクターで使ってみるのもよいかもしれません。

タグ : 自作エフェクター 回路図 歪み 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
Twitter
GitHub
BOOTH

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

自作エフェクター   回路図   レイアウト   歪み   マイコン   周波数特性   PureData   波形・倍音   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   歪率   エフェクター自作方法   エレキベース   真空管   コーラス   ピックアップ   静音ギター   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   市販エフェクター   アコースティックギター   ブースター   コンデンサ   ソロギター   ポールピース   イコライザー   コンプレッサー   ビブラート   フェイザー   トレモロ   TAB譜   ディレイ   DIY_Layout_Creator   ワウ   オートワウ   バッファー   

最近の記事
最新コメント
Twitter
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター