Owm Pedal H7 ハードウェア編

03s_253_1owmHp.jpg
STM32F405を搭載した「Owm Pedal」に引き続き、STM32H753とタッチパネル付ディスプレイを備えたデジタルエフェクターを製作しました。今回も穴加工はTabby's工房さんにお願いしました。(Owm Pedal H7 ソフトウェア編はこちら

▽入出力・電源部 回路図
03s_253_2owmHas.png
4回路入りオペアンプOPA1679を使用することにしたので、以前と違い入力部のローパスフィルタが2次になっています。デジタル電源は絶縁型DC-DCコンバータで分離するようにしました。コンバータなしにもできるようにしましたが、ノイズ面でよくないと思われるので非推奨です。

▽マイコン・オーディオコーデック部 回路図
03s_253_3owmHds.png
当初はSTM32F722を使っていたのですが、さらなる発展を見据えSTM32H7を使うことにしました。注文時の在庫の関係でSTM32H753にしましたが、STM32H743でも問題ないと思います。今回はオーディオサンプリングレート44.1kHzで、SAIペリフェラルを使います。

▽基板レイアウトについて(KiCadデータはGitHubへ)
上側のマイコン基板は4層にしてみました。JLCPCBの場合、50mm×50mm以内であれば4層でも13ドルで済みます。マイコンは可能な限りピンを引き出していますが、全部は使わないので内側は小さいパッドです。GNDは基本一面プレーンで、基板が2枚に分かれているのでコネクタ部分でGNDを接続することになります。DC-DCコンバータは高さを低くするため寝かせて配置しました。

▽ディスプレイ・スイッチ基板レイアウト
03s_253_4owmHl.png
念のためダンピング抵抗を入れています。消費電流がそれなりにあるので、マイコン用とは別に3.3Vを準備しました。ディスプレイの詳細は以前の記事(STM32 SPI接続タッチパネル付ディスプレイを使う)をご参照ください。下写真のように基板を合体させます。
03s_253_5owmHi.jpg

▽周波数特性・ノイズ
ZOOM MS-50Gと特性を比較しました。MS-50GはParaEQを6個並べて+20dBになるよう調節しています。ノイズは1kHz正弦波入力時のものです。
03s_253_6owmHf.gif
Owm PedalはMS-50Gより高域のノイズが多いように見えますが、MS-50Gはもともと高域が下がっているので、それを加味するとほぼ同じノイズレベルといってよいと思います。Owm Pedal H7では1dB程度ノイズが多いですが原因はよくわかりません。基板設計としては、部品配置に注意すればOwm PedalのようにGNDを1面プレーンにしても問題ないとわかりました。入出力のフィルタも、簡単な1次ローパスフィルタで充分かもしれません。

タグ : 自作エフェクター レイアウト 回路図 マイコン 周波数特性 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
Twitter
GitHub

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

自作エフェクター   レイアウト   回路図   歪み   周波数特性   マイコン   PureData   波形・倍音   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   歪率   エフェクター自作方法   エレキベース   真空管   コーラス   ピックアップ   静音ギター   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   市販エフェクター   アコースティックギター   ブースター   コンデンサ   ソロギター   ポールピース   イコライザー   コンプレッサー   ビブラート   フェイザー   トレモロ   TAB譜   ディレイ   DIY_Layout_Creator   ワウ   オートワウ   バッファー   

最近の記事
最新コメント
Twitter
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター