ZOOM U-22 分解・特性測定

14_252_1u22p.jpg
ZOOM U-22というオーディオインターフェイスを購入しました。分解・特性測定を行っておきます。



【分解】

▽中身画像 ZOOM U-22 Handy Audio Interface Gut Shots
14_252_2u22pi.jpg14_252_3u22pm.jpg
以下のICが確認できました。8ピンのオペアンプっぽいICの型番は読み取れませんでした。
・マイコン LPC1820FBD144
・クロックジェネレータ AK8142
・オーディオコーデック TLV320AIC3101
・電源 RT9971

絶縁型DC-DCコンバータを使った電源ではなさそうですがローノイズです。アナログGNDとデジタルGND(と思われる部分)がところどころコンデンサで繋いであるのは、ノイズ対策なのかもしれません。

OUTPUTノブは0.5dB単位で動いているようなのでおそらくデジタル制御です。GAINノブは連続的な動きなのでアナログ回路だと思われます。
※LINE IN使用時GAINノブは無効



【特性測定】

PHONES出力からLINE IN入力へステレオケーブルを接続した状態で特性を測定しました。OUTPUTノブは10です。

Windowsの場合、コントロールパネルのZOOM U-22 Control Panel(またはC:\Program Files\ZOOM\U-22 Driver\zmu22audiocp.exe)から Sampling Rate を 96000 Hz に設定しておきます。

<PHONE出力>
最大無歪出力: 約 0.7 Vrms (OUTPUTノブ 10、WaveGene振幅 -5.5dB)
出力インピーダンス: 10 Ω (マニュアルより)

<LINE IN入力>
最大無歪入力: 約 0.75 Vrms (CLIP SIGランプが赤に点灯)
入力インピーダンス: 22 kΩ (マニュアルより)

<WaveGene設定>
サンプリング周波数: 96000 ビット長: 24 チャンネル数: Stereo
・歪率測定 サイン波 100Hz 1kHz 10kHz FFT用に最適化(FFTサンプル数16384) -6dB
・周波数特性測定 ユーザー波形 FLATSWEEP_016384.WAV -6dB

WaveGeneサイトにあるサンプリングレート48kHzのユーザー波形サンプルを使っています。本来は96kHz用の波形を用意すべきですが、20kHz以上の周波数も問題ないようなのでそのまま利用しています。

<WaveSpectra設定>
Avg: 300
[FFT] サンプルデータ数: 16384 窓関数: なし(矩形)
[再生/録音] フォーマット: 96000 s/s 24 bit Stereo

※DELL製PCでドライバをMMEにした場合、周波数特性が乱れました(別の東芝製PCでは問題なし)。PCやドライバとの相性があるのかもしれません。

▽ノイズレベル(POWER SOURCE: USB)
14_252_4u22n.png
入力なしの時でも高域にいくつかピークが見えますが、特に問題ないでしょう。電池駆動でもほぼ同じ結果でした。

▽歪率・周波数特性
14_252_5u22f.png
マニュアルの周波数特性には±2 dB(20 Hz - 40 kHz)と記載がありますが、それよりも良いのではないかと思います。

タグ : 周波数特性 歪率 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
Twitter
GitHub

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

自作エフェクター   レイアウト   回路図   歪み   周波数特性   マイコン   PureData   波形・倍音   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   歪率   エフェクター自作方法   エレキベース   真空管   コーラス   ピックアップ   静音ギター   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   市販エフェクター   アコースティックギター   ブースター   コンデンサ   ソロギター   ポールピース   イコライザー   コンプレッサー   ビブラート   フェイザー   トレモロ   TAB譜   ディレイ   DIY_Layout_Creator   ワウ   オートワウ   バッファー   

最近の記事
最新コメント
Twitter
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター