RasPd3 操作方法

RasPd3の内部プログラムが概ね完成したので、自分用に取扱説明書のようなものを記載しておきます。LCDの文字が小さいですがなんとか大丈夫そうです。そのうちタップテンポやチューナーも実装できたらいいなと思っています。



03_230_1raspd3sh.jpg
<コントロール類と略称>
・左側ロータリーエンコーダ:LR
・中央ロータリーエンコーダ:CR
・右側ロータリーエンコーダ:RR
・左側押しボタンスイッチ:LS
・中央押しボタンスイッチ:CS
・右側押しボタンスイッチ:RS
・左側フットスイッチ:LF
・右側フットスイッチ:RF



<画面中央 緑色領域>
・エフェクトの種類とエフェクトパラメータを「プリセット」として8パターン(A~H)保存
(Pure Dataのプログラムを「パッチ」と呼ぶので、混同しないよう「プリセット」という呼称にしている。)
・プリセット1つにつき直列に6つのエフェクト(上3つ→下3つへ繋がっている)
・エフェクトは内蔵エフェクト20種類から選択(1つのプリセット内で複数重複使用は不可)
・エフェクトオン状態のエフェクトの名前右横に白色の丸印がつく
・「RF割当」を設定したエフェクトの名前右横に紫色の四角形がつく

※RF割当:プリセット内部モード(後述)時、RF押下でオンオフが切り替わるエフェクトを割り当てられる。
【例】ディストーション(オン)とコーラス(オフ)にRF割当を設定しておくと、RF押下時にディストーションをオフ、コーラスをオンという風に切り替えられる。

<画面右側 青色領域>
・プリセットの切替順番を3パターン保存
・フットスイッチで上下にプリセットを切り替える

<画面下側 灰色領域>
・エフェクトパラメータを表示
・エフェクトオンの場合、右に[ON]が表示される
・「RF割当」を設定している場合、右に[EN]が表示される



<2種類のモード(●プリセット切替、◆プリセット内部)と操作方法>
※LSを押しながらCSを押す:データ保存、押し続けるとシャットダウン(両モード共通)

●プリセット切替モード
複数のプリセットをフットスイッチで切り替えるモード。プリセット切替の順番を編集できる。

LR:カーソル左右移動
CR:カーソル上下移動
RR:プリセットA~Hまたは「X」を選択
※「X」を選択すると、フットスイッチでのプリセット切替時にX以降への切替がキャンセルされる。
【例】A→B→C→D→X→F→E→Gの場合…Dの後はA、Aの前はDに切り替わる。

LS:「プリセット内部モード」へ切替
CS、RS:なし
LF:プリセット切替(下側へ)
RF:プリセット切替(上側へ)

◆プリセット内部モード
1つのプリセット内で単独もしくは複数のエフェクトのオン・オフを切り替えるモード。エフェクトの種類やパラメータを編集できる。

LR:カーソル左右(エフェクト順番)移動
CR:カーソル上下(プリセット間)移動
RR:エフェクトの種類またはバイパスを選択
(エフェクトパラメータ編集時は、各ロータリーエンコーダでパラメータを増減させる)

LS:押す度にエフェクトパラメータ上段→エフェクトパラメータ下段→エフェクトの種類へと編集箇所切替
CS:「プリセット切替モード」へ切替
RS:「RF割当」設定/解除
LF:選択中のエフェクトをオン/オフ(オンの時、左側LED点灯)
RF:「RF割当」が設定されたエフェクトをオン/オフ

タグ : 自作エフェクター RaspberryPi 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
Twitter
GitHub

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

自作エフェクター   レイアウト   回路図   歪み   PureData   周波数特性   波形・倍音   マイコン   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   エフェクター自作方法   歪率   エレキベース   真空管   コーラス   ピックアップ   静音ギター   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   市販エフェクター   アコースティックギター   ブースター   コンデンサ   ソロギター   ポールピース   イコライザー   コンプレッサー   ビブラート   フェイザー   トレモロ   TAB譜   ディレイ   DIY_Layout_Creator   ワウ   オートワウ   バッファー   

最近の記事
最新コメント
Twitter
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター