MOOER Micro Preamp 006 分解

14_227_1mp006p.jpg
前回特性測定したMOOER Micro Preamp 006ですが、ろくに弾きもせずに分解してしまいました。中身がどんなものか記録しておきます。

フットスイッチはバネで基板上のスイッチを押すタイプです。長押し機能が実装されている関係で、オンオフ切替やチャンネル切替はフットスイッチを押した時ではなく離した時になっています。DCジャックは基板直付けではなくコネクタが使われていました。ケースのみの大きさは縦91mm横37mm高さ31mmで、縦横はHAMMOND 1590Aより1.5mmほど小さいです。基板は2枚重ねで、はんだ付けされたピンヘッダを取り除かないと分解できません。無事に元に戻せましたが、結構大変でリスクが高いと思います。

▽基板写真
14_227_2mp006p.jpg 14_227_4mp006p.jpg
左側基板には黒いゴムの円柱があり、基板同士の隙間を保つために取り付けてあるようです。ジャック上側にはバイパス用と思われるリレー(HFD4/3)があります。定電圧レギュレータはμPC29M08とAMS1117です。

▽IC類写真
14_227_3mp006p.jpg 14_227_5mp006p.jpg
左写真右上のIC(印字「415 XTFM」)は415の左隣の文字がかすれていて役割がわかりませんでした。その他のICは下記の通りです。
・MC33078 → オペアンプ
・TLC2262 → オペアンプ
・CS4272 → オーディオコーデック(ADC/DAC)
・GD25Q41BT → フラッシュメモリ
・ADSP-21477 → DSP
・STM32F030F4P6 → マイコン

タグ : 市販エフェクター マイコン 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
Twitter
GitHub

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

自作エフェクター   レイアウト   回路図   歪み   PureData   周波数特性   マイコン   波形・倍音   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   エフェクター自作方法   歪率   エレキベース   真空管   コーラス   ピックアップ   静音ギター   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   市販エフェクター   アコースティックギター   ブースター   コンデンサ   ソロギター   ポールピース   イコライザー   コンプレッサー   ビブラート   フェイザー   トレモロ   TAB譜   ディレイ   DIY_Layout_Creator   ワウ   オートワウ   バッファー   

最近の記事
最新コメント
Twitter
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター