エフェクト切替(Pure Data パッチ)

Pure Data(Pd)でマルチエフェクターを実現するにあたって、複数接続したエフェクトを瞬時に切り替える、いわゆるプリセットチェンジ(パッチチェンジ)をする方法を考えなくてはいけません。Isaac(139)さんの[pd spigot~]のように信号経路を切り替える方法が簡単だと思います。しかし使っていないエフェクト側でもチルダオブジェクトは常に計算を行っているので、[switch~]を利用することにより不要な部分のDSPをオフにしてCPU負荷を軽減できます。
03p_225_1fxc.png
[pd fx0~]・・・のようにエフェクトをサブパッチの形で並べて全て繋げておきます。選択したエフェクトの[switch~]のみに1が入りサブパッチのDSPがオンとなります。信号線がたくさん繋ぎっぱなしですが、選択しなかったエフェクトはDSPがオフなのでおそらく問題ないと思います。この形を複数直列に繋げていけばマルチエフェクターの出来上がりです。



他の信号経路切替方法についてメモしておきます。

・[send~][receive~][throw~][catch~]
ヘルプパッチの通り、setメッセージを使い送信先や受信元を切り替えることができますが、1ブロックサイズ(64サンプル)分の遅延が生じます。遅延回避方法も一応ありますがやや面倒です。

・[multiplex~][demultiplex~]
外部オブジェクトzexyが必要です。複数経路を簡単に切り替えることができます。

タグ : PureData 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
X(旧Twitter)
Instagram
GitHub
BOOTH

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

回路図   歪み   自作エフェクター   周波数特性   市販エフェクター   レイアウト   マイコン   波形・倍音   PureData   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   歪率   エレキベース   エフェクター自作方法   コーラス   真空管   ピックアップ   静音ギター   SansAmpBDDI   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   ブースター   アコースティックギター   ソロギター   イコライザー   ポールピース   コンデンサ   コンプレッサー   ディレイ   TAB譜   DIY_Layout_Creator   ビブラート   フェイザー   トレモロ   バッファー   ワウ   オートワウ   

最近の記事
最新コメント
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター