Raspberry Pi でのCS4272使用方法

Raspberry Pi(RPi)で音声信号向けのADCとDACを使う場合、最も手軽に使用できるICはWM8731だと思います。今回はさらなるノイズ低減を期待して、CS4272というICを試しました。



CS4272を使ったオーディオカードにTeensy Super Audio Board(SAB)というものがあり、KiCAD files and some test codeから回路図や使用ガイド等がダウンロードできます。このSABのデバイスドライバを利用するわけですが、カーネルビルドというやや面倒な作業をしないとドライバを使えるようになりません。→「rpi-update」コマンドで簡単に利用できるようになったようです。(2018年5月21日追記)

RPi公式サイト記事Kernel buildingのLocal buildingの通りに操作を行っていきます。

[1]
$ sudo apt-get install git bc
↓SAB用のカーネルソースをコピー
$ git clone --depth=1 https://github.com/whollender/linux

[2a] RPi 1, 0 の場合
$ cd linux
$ KERNEL=kernel
$ make bcmrpi_defconfig
↓ビルド開始、RPi0で14時間程度かかる
$ make zImage modules dtbs

[2b] RPi 2, 3 の場合
$ cd linux
$ KERNEL=kernel7
$ make bcm2709_defconfig
↓ビルド開始、RPi3で3時間程度かかる
$ make -j4 zImage modules dtbs

[3]
$ sudo make modules_install
$ sudo cp arch/arm/boot/dts/*.dtb /boot/
$ sudo cp arch/arm/boot/dts/overlays/*.dtb* /boot/overlays/
$ sudo cp arch/arm/boot/dts/overlays/README /boot/overlays/
$ sudo cp arch/arm/boot/zImage /boot/$KERNEL.img

そして再起動すると/boot/overlaysディレクトリにsuperaudioboard.dtboというファイルができています。続いて/boot/config.txtを編集します。
$ sudo nano /boot/config.txt
 以下の2行の#を外す
  #dtparam=i2c_arm=on
  #dtparam=i2s=on
 最後に以下の1行を追加
  dtoverlay=superaudioboard

再起動後、lsmodコマンドでSABドライバのモジュールが確認できる…はずですが、読み込まれていないことがわかります。モジュール情報をmodinfoコマンドで確認するとvermagic:4.9.59+という記載が出てきますが、ビルドしたカーネルのバージョン(リリース番号)をuname -r コマンドで確認すると4.9.80+となっています。強制的にモジュールを読み込ませようとしてみます。
$ sudo modprobe -f snd-soc-superaudioboard
Exec format errorというのが出てきてダメでした。

バージョン情報を編集して再ビルドするという方法を行います。参考ページ→Linux 4 Tegraにv4l2loopbackモジュールを入れる時の注意点
$ sudo nano linux/include/generated/utsrelease.h
#define UTS_RELEASE "4.9.80+"という記載があるので、4.9.80+を4.9.59+(RPi 2, 3の場合は4.9.80-v7+→4.9.59-v7+)へ変更した後、もう一度[2a](または[2b])と[3]をやり直し再起動します。一度ビルドしているので早く終わります(未確認ですが、RPi3で1時間未満)。
※後から確認すると、再ビルド後のバージョンは4.9.80+でした。どこか記憶違いをしている部分があるかもしれません。



RPiとCS4272との接続は下図です。SABと同じように24.576MHzの水晶発振子と39pFのコンデンサを使います。
22_216_1cs.png

aplay -l コマンドでサウンドカードの確認ができます。接続が正しければ、CS4272がSABとして認識されているはずです。音量等の調節はalsamixerコマンドでできます(hキーでヘルプ表示)。今後特に問題が出てこなければ、自作デジタルエフェクターRasPd3に採用する予定です。→FILT+とVCOMピンが0Vになるという問題が解決できず、ボツになりました。(2018年5月7日追記)

タグ : RaspberryPi 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
Twitter
GitHub

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

自作エフェクター   レイアウト   回路図   歪み   PureData   周波数特性   マイコン   波形・倍音   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   エレキベース   エフェクター自作方法   歪率   真空管   コーラス   ピックアップ   静音ギター   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   市販エフェクター   アコースティックギター   ブースター   コンデンサ   ソロギター   ポールピース   イコライザー   コンプレッサー   ビブラート   フェイザー   トレモロ   TAB譜   ディレイ   DIY_Layout_Creator   ワウ   オートワウ   バッファー   

最近の記事
最新コメント
Twitter
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター