フェイザー(Pure Data パッチ)

Pure Data(Pd)でのオールパスフィルター(APF)は[rzero_rev~]と[rpole~]を組み合わせて作ります。原音とAPFを通した音を足せばフェイザーとなります。参考ページ→Making and using all-pass filters
03p_203_1phaser.pngこのパッチをダウンロード
[rzero_rev~]と[rpole~]に入れる係数計算は、1次ローパスフィルターのときの[rpole~]用計算式をそのまま使うとうまくいきました。上側の[expr~]が2π*fc/fsの計算ですが、周波数はMXR Phase 90を参考に150~2250Hzで変化するようにしています。

Uni-Vibeもフェイザーと似た仕組みなので再現できそうなのですが、いまいち係数の設定がうまくいきませんでした。今後使いたくなったときに作るかもしれません。



【フィードバックについて】

Phase 90ではAPF最終段から2段目にフィードバックがかかっていますが、Pdで同じことをやろうとすると、「error: DSP loop detected」と出てしまいます。このエラーを回避するには、[send~][receive~]を使い1ブロックサイズ分遅延を発生させます。参考ページ→What's A "DSP-Loop"?

今回のフェイザーでは上記の方法だと出音がアナログの場合とは違うように感じたので、結局フィードバックは入れないことにしました。[block~]でブロックサイズを減らし遅延を少なくする方法もありますが、CPU負荷を考えると現実的ではないと思います。

タグ : PureData フェイザー 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
Twitter
GitHub

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

自作エフェクター   レイアウト   回路図   歪み   PureData   周波数特性   マイコン   波形・倍音   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   エレキベース   エフェクター自作方法   歪率   真空管   コーラス   ピックアップ   静音ギター   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   市販エフェクター   アコースティックギター   ブースター   コンデンサ   ソロギター   ポールピース   イコライザー   コンプレッサー   ビブラート   フェイザー   トレモロ   TAB譜   ディレイ   DIY_Layout_Creator   ワウ   オートワウ   バッファー   

最近の記事
最新コメント
Twitter
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター