WM8731 設定メモ

03_180_1wm8731p.jpg
WM8731が搭載されているI2SオーディオインターフェイスMikroElektronika MIKROE-506を試してみたので、設定をメモしておきます。写真の通り、現在はLINE INも使えるようになっています。

↓参考ページ
I2SオーディオI/F WM8731をraspberry piで鳴らす
PIAiF Raspberry Pi i2s ”IN-OUT” AudioInterFace
接続は、上記PIAiFの回路図の通りで問題ありませんでした。

<Raspberry Pi 3の設定>
$ sudo nano /boot/config.txt
#dtparam=audio=on (コメントアウトしてオンボードのオーディオをオフに)
dtoverlay=rpi-proto (追加記載)

alsa-base.confファイルをすでに作っていた場合は、内容を書き換えます。
$ sudo nano /etc/modprobe.d/alsa-base.conf
options snd slots=snd_soc_rpi_proto
options snd_soc_rpi_proto index=0

再起動し、オーディオ認識を確認します。
$ aplay -l

入出力の音量は同じではありませんが、とりあえずテストしたときの設定は下記のようになります。マイク入力部コンデンサC23の値が1nFしかありませんので、LINE INを利用しました。
$ alsamixer
全て表示 F5
Master 100 [dB gain: 6.00, 6.00]
Master Playback ZC [Off, Off]
Sidetone 0 [dB gain: -15.00]
Line CAPTURE
Mic [Off]
Mic Boost 0 [dB gain: 0.00]
Mic Boost 0 [dB gain: 0.00]
Playback Deemphasis [Off] (オンにすると高域が削られる)
Capture 40 [dB gain: -6.00, -6.00]
ADC High Pass Filter オン (オフにすると高域の雑音が増える)
Input Mux [Line In]
Output Mixer HiFi オン
Output Mixer Line Bypass [Off]
Output Mixer Mic Sidetone [Off]
Store DC Offset [Off]

<Pure Dataの設定>
$ nano .pdsettings
audioindevname1とaudiooutdevname1の行は削除、下記該当箇所を変更しました。
audioindev1: 0 2
audiooutdev1: 0 2
audiobuf: 2
rate: 48000
blocksize: 32
ここまで値を小さくしても音切れはないようで、レイテンシーは5msととても優秀でした。もうUSBオーディオインターフェイスには戻れそうにありません。

タグ : RaspberryPi 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
Twitter
GitHub

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

自作エフェクター   レイアウト   回路図   歪み   PureData   周波数特性   マイコン   波形・倍音   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   エレキベース   エフェクター自作方法   歪率   真空管   コーラス   ピックアップ   静音ギター   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   市販エフェクター   アコースティックギター   ブースター   コンデンサ   ソロギター   ポールピース   イコライザー   コンプレッサー   ビブラート   フェイザー   トレモロ   TAB譜   ディレイ   DIY_Layout_Creator   ワウ   オートワウ   バッファー   

最近の記事
最新コメント
Twitter
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター