デジタルエフェクター自作に関するメモ

デジタルエフェクターを自作するにあたって、調べたことをまとめておきます。解説できる知識がないため、とりあえずリンクのみばかりです。

■レイテンシー(latency)の問題
別の記事を書きました→レイテンシーの測定

■Pure Data
Pure Data (Pd)というプログラミング環境があります。一般的なプログラミングとは違い、キャンバスに箱を配置して線で繋ぐといった感じでプログラミングできます。詳細は公式サイト等をご覧ください。Pdであればプログラミング初心者でも比較的簡単にエフェクトを開発することができます。

■自分でエフェクトをプログラミングできるペダル(完成品、キット)と参考価格等
(ほとんどこちらのページを参考にしました→Want a Programmable Guitar Pedal?
MOD Devices MOD Duo レイテンシー5ms $649
Hoxtown OWL Pedal £249
StompShield from Open Music Labs Arduinoペダル キット$49 Arduino Uno本体\2940
pedalSHIELD DUE Arduino Guitar Pedal キット£39.95 Arduino Due本体\6090
Line6 Tone Core DSP Developer Kit $199.99
FV-1 Development System :: SPN1001-DEV $50
Bela 超低レイテンシー キット£140
Blackfin DSP基板 \3218 開発プラットフォーム基板 \9698

■自作例
Arduino Guitar Pedal
Minimalist Arduino DSP
Simple Audio DSP Module
mbedを使用したマルチエフェクター(ブログは見れないようです)
Guitar Extended Pure Data + Raspberry Pi
Raspberry Piでギターエフェクターを作る
139 not found Pure Data + Raspberry Pi

コメントの投稿

非公開コメント

Re:デジタルエフェクター自作に関するメモ

こんにちは、139です。
Blackfin DSP基板、私持ってますが開封すらしてません。
中身を読んでCで書くのはいきなり無理!と思いました。
そのあたりがネックなのか、使ってる人の情報が極少です。
drugscore様謹製のPiペダルだとレイテンシー測定結果が12ms程度とTwitterで拝見しましたが、実際はもっと短いかもしれません。

どうもコメントありがとうございます。
やはり普通のプログラミングはハードル高いですよね…
レイテンシーについては139さんのブログの方にコメントさせていただいてます。

Re:デジタルエフェクター自作に関するメモ

Blackfinのやつ結構難しいですよね。
僕はいろいろやってみてOWLPedalと同じような構成でメインチップをCortexM7のSTM32F746に変えたVerでペダルを組んでみようと思ってます。OWLはRTOSで動いているのでそこまでガチガチなのは組めそうにないですけど・・・・

> がれすた さん
OWL Pedalは回路図まで公開してありますけどやっぱりよくわからないですね…
がれすたさんのペダル&解説に大いに期待しておきます!
管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
Twitter
GitHub

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

自作エフェクター   レイアウト   回路図   歪み   PureData   周波数特性   波形・倍音   マイコン   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   エフェクター自作方法   歪率   エレキベース   真空管   コーラス   ピックアップ   静音ギター   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   市販エフェクター   アコースティックギター   ブースター   コンデンサ   ソロギター   ポールピース   イコライザー   コンプレッサー   ビブラート   フェイザー   トレモロ   TAB譜   ディレイ   DIY_Layout_Creator   ワウ   オートワウ   バッファー   

最近の記事
最新コメント
Twitter
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター