ヘッドフォンアンプその3小型化

08_153_1HEAD3k.jpg
以前製作したヘッドフォンアンプその3を小型化しました。ラインアウトを省き、電池ボックスは外付けにしました。ケースはタカチMB-M1(3cm×4cm×5.5cm)です。フォンプラグはプラスチックカバーのものを切って取り付けました。パネル取り付けタイプのフォンプラグは存在しないみたいです。

その他いろいろ変更しようとしていたんですが、結局元の回路のままになりました。一応以下に失敗を記載しておきます。



◆レールスプリッタ回路を利用
オーディオ用で有名なChu Moyヘッドホンアンプではレールスプリッタ回路が使われており、出力カップリングコンデンサがありません。同様の回路を組んでみましたが、音が歪むようになってしまいました。出力カップリングコンデンサがなければかなりスペースが節約できそうだったのですが……



◆単4形充電式ニッケル水素電池2本(2.4V)を9Vへ昇圧
aitendo 大電流出力昇圧モジュール[M6285Y]というものを使って昇圧を試みました。スイッチング周波数は1.2MHzらしいですが、結構なノイズが入ってしまいました。ノイズ除去もいろいろやってみましたがダメみたいです。入力電圧が低すぎるのだと思います。2倍程度の昇圧ならなんとかなるかもしれません。

タグ : エレキベース ヘッドフォンアンプ 

コメントの投稿

非公開コメント

AUX IN added

素晴らしい作品だ。僕のベースでも試してみるよ。
ひとつお聞きしたいのですが、今演奏している曲にAUXを追加するにはどうしたらいいのでしょうか?

Re: AUX IN added

コメントありがとうございます。
非反転増幅回路でAUX入力をミックスするのは難しいので、反転増幅回路に変更が必要になると思います。
管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
X(旧Twitter)
Instagram
GitHub
BOOTH

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

回路図   自作エフェクター   歪み   周波数特性   市販エフェクター   レイアウト   マイコン   波形・倍音   PureData   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   歪率   エレキベース   エフェクター自作方法   コーラス   真空管   ピックアップ   静音ギター   SansAmpBDDI   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   ブースター   アコースティックギター   ソロギター   イコライザー   ポールピース   コンデンサ   コンプレッサー   ディレイ   TAB譜   DIY_Layout_Creator   ビブラート   フェイザー   トレモロ   バッファー   ワウ   オートワウ   

最近の記事
最新コメント
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター