amPlug Twin 改造

08_151_1ap01.jpg
エレキギターを弾くときは主にamPlug Twinを使っていますが、ポットがダイヤルで数字が小さくわかりにくいため、見た目を改造しました。ダイヤルにシールを貼り、本体に穴を開けて見やすくしただけです。まぁそんなに厳密に値を設定するわけではありませんが、なんとなく安心です。補強のため表面にプラスチック板を貼り付けています。

シールを貼る前の内部写真です。
08_151_2ap02.jpg
表面実装のチップ部品なので回路をいじるのは無理そうです。ICは下記のようなものが使われています。
NJU7082:パワーアンプ
NJM2115:汎用オペアンプ
PT2399:デジタルディレイ・エコー(コーラスエフェクト用)
NJM062:低消費電力オペアンプ(コーラスエフェクトのLFO用)
10ピンのICもあったのですが素性がわかりませんでした。

ついでに周波数特性も調べました。
08_151_3apf.gif
単なるドンシャリではなく中域が少し盛り上がっています。ギター用ヘッドフォンアンプを作るとき参考になりそうです。

タグ : エレキギター ヘッドフォンアンプ 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
Twitter
GitHub

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

自作エフェクター   レイアウト   回路図   歪み   PureData   周波数特性   マイコン   波形・倍音   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   エレキベース   エフェクター自作方法   歪率   真空管   コーラス   ピックアップ   静音ギター   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   市販エフェクター   アコースティックギター   ブースター   コンデンサ   ソロギター   ポールピース   イコライザー   コンプレッサー   ビブラート   フェイザー   トレモロ   TAB譜   ディレイ   DIY_Layout_Creator   ワウ   オートワウ   バッファー   

最近の記事
最新コメント
Twitter
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター