静音ギター用ヘッドフォンアンプ

08_147_1HEAD4.jpg08_147_2HEAD4i.jpg
以前ピックアップを取り付けた静音ギターにヘッドフォンアンプを取り付けました。ただせっかくなのでアコギの音に少し近づけたいと思い、イコライザを入れてみることにしました。

まず本物のアコギと静音ギターを全弦ジャラーンと鳴らしたものをそれぞれ録音し、静音ギターの方の音源を加工して本物の音に近づけてみるという作業を行いました。静音ギターは以前取り付けたリアピックアップのみでの録音です。普通アコースティックシミュレーターは低域と高域の周波数を足してあったりしますが、その場合高域をかなり足さないといけなくなりそうなので、中域を減らして高域を足すことにしました。いろいろ複雑にいじれば本物により近づけることができるのかもしれませんが、(面倒なので)2点に絞りました。

回路図は下図です。
以前作ったヘッドフォンアンプにグラフィックイコライザーの回路を入れただけです。大体2kHzが-12dB(Q=3)、12kHzが+15dB(Q=5)となっています。
08_147_3HEAD4s.gif

レイアウトは下図です。
08_147_4HEAD4l.png
スペースに余裕があるので全然工夫がないレイアウトです。VR1、VR2はトリマーとして使っています。

シミュレーション(上)と実測(下)との比較です。
08_147_5HEAD4f1.gif
08_147_6HEAD4f2.gif
ちょっと中域の下がり方が今ひとつでしたが、まぁよいと思います。音を聞いた感じでは、それなりに雰囲気は出ています。ただしノイズはどうしても増えてしまいます。

作った後でVOX amPlug Acousticというヘッドフォンアンプが発売されていたことを思い出したんですが、いつの間にか生産中止になっていました。後継のamPlug2でAcousticが発売されたら試してみたいところです。

タグ : 静音ギター ヘッドフォンアンプ 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
Twitter
GitHub

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

自作エフェクター   レイアウト   回路図   歪み   PureData   周波数特性   波形・倍音   マイコン   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   エフェクター自作方法   歪率   エレキベース   真空管   コーラス   ピックアップ   静音ギター   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   市販エフェクター   アコースティックギター   ブースター   コンデンサ   ソロギター   ポールピース   イコライザー   コンプレッサー   ビブラート   フェイザー   トレモロ   TAB譜   ディレイ   DIY_Layout_Creator   ワウ   オートワウ   バッファー   

最近の記事
最新コメント
Twitter
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター