エレキギター用ピックアップを静音ギターへ取り付ける

以前作った静音ギターですが、エレキギター用ピックアップ(DiMarzio DP111 SDS-1)を取り付けました。そのうちアコースティックシミュレーターとヘッドフォンアンプを組み込むという計画です。
15_146_1sip0.jpg
ピックアップの取り付け位置はフロントの方がよいと思いますが、ネジと微妙に干渉してしまうのでリアの位置にしました。スケール長の93%の位置です(ストラトキャスターの画像を定規で適当に測って決めました)。まぁBOSS AC-2のサポート情報にシングルコイルのリアポジションでも可とあったので、たぶん大丈夫でしょう。

アコースティックギターは各弦の出力バランスがエレキギターと違うため、ピックアップのポールピースの高さ調整が必要です。そうなるとシングルコイルピックアップの中ではDiMarzioぐらいしか選択肢がありません。調整後は下写真のようになりました。
15_146_2sip1.jpg
L.R.Baggsのピックアップのように2弦のポールピースを外しました。そして2弦の出力に合わせるように他のポールピースを調整しています。ピッキングの強さを一定にそろえるのは難しいのでかなり誤差がありそうですが、一応詳細を記載しておきます。
・最終フレットを押さえたときの6弦とポールピースとの距離:3mm
・ピックアップ本体はボディと平行
・1弦ポールピースを1mm引っ込める
・3弦ポールピースを1mm出す
・他のポールピースそのまま

ピックアップのザグリの加工自体はたいしたことはなかったです。本当にトリマーは便利ですね。調子に乗って掘りすぎないようにしないといけません。

タグ : 静音ギター ピックアップ 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
X(旧Twitter)
Instagram
GitHub
BOOTH

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

回路図   歪み   自作エフェクター   周波数特性   市販エフェクター   レイアウト   マイコン   波形・倍音   PureData   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   歪率   エレキベース   エフェクター自作方法   コーラス   真空管   ピックアップ   静音ギター   SansAmpBDDI   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   ブースター   アコースティックギター   ソロギター   イコライザー   ポールピース   コンデンサ   コンプレッサー   ディレイ   TAB譜   DIY_Layout_Creator   ビブラート   フェイザー   トレモロ   バッファー   ワウ   オートワウ   

最近の記事
最新コメント
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター