YAMAHA GL1 ギタレレ

15_145_1gl01.jpg
YAMAHA GL1 ギタレレを購入しました。弦長は433mm(ギターの約3分の2)で、手の大きな私でも何とか弾けそうです。初期チューニングは通常のギターの5フレットにカポタストをはめた状態と同じです。トラスロッドは入っていませんが、値段のわりには質が良いと思います。早速ですがいろいろと改造しました。

まずチューニングを普通のギターの1オクターブ上のチューニングにしてみました。1弦はナイロン釣り糸0.57mm(東レ 銀鱗 12号)で、2弦~6弦はYAMAHAのクラシックギター弦1弦~5弦を張りました(ナットも作り直しました)。張力は普通のクラシックギターと同じぐらいになると思います。ネックの反りは今のところありません。

チューニングをまた変えることがあるかもしれないので、ブリッジを削り取ってコマを瞬間接着剤で固定する形にしています(色合いが違うところが削り取った部分です)。強度が少し不安ですが…
15_145_2gl02.jpg

ウクレレのようにボディを右腕と体で挟んで持つのはちょっと辛いので、ストラップをつけました。おしりの部分に木材(エンドブロック)が入っているので、ストラップピンの取り付けも問題ありません。ヘッド側にはカチャっとはめる部品(ワンタッチバックルというらしい)を取り付けています。ストラップは100円ショップのベルトを加工して使いました。
15_145_3gl03.jpg

サイドポジションマークはもともと5フレットと7フレットにあります。3フレット、9フレットと12フレットに追加しておきました。プラスチック棒を埋め込んだだけです。
15_145_4gl04.jpg

音については少しはウクレレに近くなったかなと思います。普通のギターと同じチューニングで弾けるので良いです。ただ1弦はしっかりハジかないときちんと鳴ってくれません。音源を録ってみたいと思いますが、なかなか練習時間がなくて厳しそうです。

タグ : アコースティックギター 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
Twitter
GitHub

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

自作エフェクター   レイアウト   回路図   歪み   PureData   周波数特性   マイコン   波形・倍音   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   エレキベース   エフェクター自作方法   歪率   真空管   コーラス   ピックアップ   静音ギター   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   市販エフェクター   アコースティックギター   ブースター   コンデンサ   ソロギター   ポールピース   イコライザー   コンプレッサー   ビブラート   フェイザー   トレモロ   TAB譜   ディレイ   DIY_Layout_Creator   ワウ   オートワウ   バッファー   

最近の記事
最新コメント
Twitter
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター