MOOER Micro Preamp 006 分解

14_227_1mp006p.jpg
前回特性測定したMOOER Micro Preamp 006ですが、ろくに弾きもせずに分解してしまいました。中身がどんなものか記録しておきます。

フットスイッチはバネで基板上のスイッチを押すタイプです。長押し機能が実装されている関係で、オンオフ切替やチャンネル切替はフットスイッチを押した時ではなく離した時になっています。DCジャックは基板直付けではなくコネクタが使われていました。ケースのみの大きさは縦91mm横37mm高さ31mmで、縦横はHAMMOND 1590Aより1.5mmほど小さいです。基板は2枚重ねで、はんだ付けされたピンヘッダを取り除かないと分解できません。無事に元に戻せましたが、結構大変でリスクが高いと思います。

▽基板写真
14_227_2mp006p.jpg 14_227_4mp006p.jpg
左側基板には黒いゴムの円柱があり、基板同士の隙間を保つために取り付けてあるようです。ジャック上側にはバイパス用と思われるリレー(HFD4/3)があります。定電圧レギュレータはμPC29M08とAMS1117です。

▽IC類写真
14_227_3mp006p.jpg 14_227_5mp006p.jpg
左写真右上のIC(印字「415 XTFM」)は415の左隣の文字がかすれていて役割がわかりませんでした。その他のICは下記の通りです。
・MC33078 → オペアンプ
・TLC2262 → オペアンプ
・CS4272 → オーディオコーデック(ADC/DAC)
・GD25Q41BT → フラッシュメモリ
・ADSP-21477 → DSP
・STM32F030F4P6 → マイコン

タグ : 市販エフェクター マイコン 

MOOER Micro Preamp 006 特性測定

14_226_1mp006p.jpg
MOOER Micro Preampは小型デジタルプリアンプということで、中身が気になり購入してみました。元になったモデルはぼかしてあることが多いですが、006の場合「Based on Fender blues deluxe」と公式動画に記載があります。とりあえずろくに弾きもせずに特性を測定しました。以下オーバードライブチャンネル(LEDが赤に点灯)をAch、クリーンチャネル(LEDが青に点灯)をBchと表記しています。

▽波形・倍音(Ach)
14_226_2mp006g.png
真空管の歪みのはずですが、特に偶数次倍音が出やすいというわけではありませんでした。

▽周波数特性
<ゲイン変更・キャビネットシミュレータ>
AchとBchで1kHz時同じ音量になるように調整しています。BASS、MID、TRE全て5(12時の位置)です。
14_226_3mp006g.png
AchではBchより高域と低域が削られていることがわかります。ゲインを上げた時の特性変化はほとんどなく、わずかに高域が落ちる程度です。キャビネットシミュレータをオンにした時の変化幅はAchとBchで変わりません。

<Ach>
14_226_4mp006g.png
<Bch>
14_226_5mp006g.png
トーンコントロールの効き方はAchとBchで変わりません。あまり変化幅は大きくなく、BASSとMIDはグラフィックイコライザの変化のような感じに見えます。マニュアルには下記のように記載があるので、コントロールの変化の仕方は元になったモデルと同じではないということがわかります。
3つのノブを全て12時の位置にするとプリアンプはMooerにてアナライズした時のサウンドになります。時計回りで周波数をブーストし、反時計回りでカットします。各ノブの帯域はモデルごとに最適に調整されています。

▽レイテンシー→測定方法はこちら
14_226_6mp006w.png
約0.6msです。1ms以下というのがもはや当たり前になっているのかもしれません。

ノイズも測定しようとしましたが、私の環境では測定限界以下だったので特に問題ないでしょう。ハードウェアについては別記事にしました。→MOOER Micro Preamp 006 分解

タグ : 歪み 周波数特性 波形・倍音 市販エフェクター 

ARION SCH-1 STEREO CHORUS 修理

14_126_1SCH1a.jpg
ARION SCH-1 STEREO CHORUSをジャンクで入手したので修理しました。

ジャンク扱いの理由は「音×」となっていました。確かに一応音は出ますがガサゴソ音が出たり音が小さかったりするようです。ジャック部分を掃除して、電解コンデンサを交換するとあっさりと直りました。

私はビンテージ物に興味はないので改造しました。使わないトーン部分やステレオ機能を省き、中身がスカスカになっています。そのうちさらに改造するかもしれません。



ARION STEREO CHORUSについてメモしておきます。

現行品は型番SCH-Zでスリランカ製、以前こちらの記事で回路について書いています。SCH-ZDという代理店オリジナルのモディファイモデルも発売されています。

型番SCH-1のものは旧型で現在は製造されていませんが、いまだに人気らしいです。ケースが灰色のものが初期の日本製で、基板を見ると「PRINCE JAPAN SCH-1a」と書いてあります。ケースが黒色のものは後期のスリランカ製のようです。現在出回っているSCH-1の回路図はおそらく後期型で、私が今回入手した初期SCH-1から少し回路が変更になっています。具体的にはR60、R61、C39、C40あたりの部品が追加されています。音に関してはあまり影響はないと思います。

SCH-ZとSCH-1との大きな違いはトーン回路のようです。コーラスエフェクターは原音にビブラート音を混ぜることによって効果を得ますが、SCH-Zではビブラート音に対しトーン回路が働き、SCH-1では原音に対しトーン回路が働きます。トーン回路自体も違うものが使われています。

タグ : 市販エフェクター コーラス 

PLAYTECH 7BAND EQUALIZER改造

グラフィックイコライザはスライド抵抗用のケース穴加工が難しく、なかなか自作は面倒かと思います。そこで市販の格安エフェクターPLAYTECH 7BAND EQUALIZERを買って改造してみました。
14_121_1PTGE7.jpg
ケースは折り曲げ式の金属製で結構丈夫なようですが、アースにきちんとつながってなさそうだったので内側の塗装を一部剥ぎました。また、ゴム製の枠を加工して分解するとき枠を取り外さないでいいようにしています。

改造前の中身は下写真です。基板を取り外すには片方のジャックの半田を除去する必要があります。
14_121_2PTGE7g.jpg
中身がかなり汚れていてだいぶ年月が経っていそうです。とりあえず電解コンデンサは全部交換しました。

回路図をとってみました。結局作った方が早かったかもしれません…
PLAYTECH 7BAND EQUALIZER SCHEMATIC 画像クリックで拡大
14_121_3PTGE7sch.png

予想通りBOSS GE-7とほとんど同じです。少し周波数がズレていますが、まぁ問題ない程度でしょう。周波数の計算はDGB Studio等のサイトでできますので、好みの周波数に変えるのもよいと思います。

改造した点ですが、R14、R23、R26を82kに変更してBOSS GE-7の値に合わせました。また、ベース用に使うためC1、C23を470nにして気持ち低音が減りにくくしました。一応トゥルーバイパス化も行いました。改造前の状態でほとんど使っていないため良くなったかどうかはわかりません(笑)

他の格安エフェクターもメーカーが回路図を公開してくれるとうれしいですね。モディファイ目的で買う人が増えそうだし、回路が有名メーカーと同じだとわかると安心して買えるというのもありそうだと思います。

タグ : 市販エフェクター イコライザー 

ARION SCH-Z STEREO CHORUS 改造

ARION SCH-Z STEREO CHORUSといえば激安のわりに良いということで評判です。しかしながら音量が上がるとか低音出すぎとかいう問題もあります。そこで改造を施してみることにしました。

回路図がネット上には無いみたいなので、採取してみることにしました。正直すごく大変でした。
Arion SCH-Z Stereo Chorus schematic(画像クリックで拡大)
14_37_1Arion_SCH_Z_sch.gif




改造していきます。

まず、ステレオは使わないので部品をとっぱらいました。オペアンプの使わない入力はアースに落としておきます。あとコンデンサをところどころ交換してみました。音質が上がったような気分になります。

トーン回路の周波数特性をシミュレーションしてみました。
14_37_2SCHZf.gif
青がトーンつまみ0、緑が5、赤が10です。ただしポットがBカーブでのシミュレーションです。実際にはAカーブなのでつまみが真ん中ぐらいだと低域が強調されてしまいます。これがブーミーだといわれる原因だと思います。Aカーブだとだいたい7ぐらいで特性がフラットになるみたいです。

どうもこの低域をブースト/カットするトーン回路は使えなさそうです。なので部品を取っ払って下図のようにしました。
14_37_3SCHZmod.gif
ポットはエフェクトレベルの調整になります。同時にR27は22kΩにしてます。ただしAカーブなので最後のほうで急に音量が上がります。まぁ音量を上げることはまずないと思うのでよしとします。

C30を大きくするとエグい感じになりますが、結局47pがベストみたいで変えていません。

LFOの回路はよく知らないんですが、C32を小さくすると揺れのスピードが上がります。ステレオ化をなくして余ったスイッチを加速スイッチにしました。

↓改造後中身写真(クリックで拡大)
14_37_4SCHZin.jpg
ベタですがLEDは青に変えてます。ジャンパーだらけですが、なかなか使いやすくなったんじゃないでしょうか。


もっと簡単な改造

トーンコントロールは右に回すほど低音カットになる、ということを頭に入れておけばそれほど使いにくくないかもしれません。それでも音量を小さくしたいなら、R27(ステレオアウト側はR33)を82kΩや100kΩにすれば改善できそうです。ただしコーラスのかかり方が薄くなります。

タグ : 市販エフェクター コーラス 

管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
Twitter
GitHub

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

自作エフェクター   レイアウト   回路図   歪み   PureData   周波数特性   波形・倍音   マイコン   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   エフェクター自作方法   歪率   エレキベース   真空管   コーラス   ピックアップ   静音ギター   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   市販エフェクター   アコースティックギター   ブースター   コンデンサ   ソロギター   ポールピース   イコライザー   コンプレッサー   ビブラート   フェイザー   トレモロ   TAB譜   ディレイ   DIY_Layout_Creator   ワウ   オートワウ   バッファー   

最近の記事
最新コメント
Twitter
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター