Rotary Buffer


特性測定等の際、基本的にオーディオインターフェースUR22Cに直接接続していましたが、内部回路がわかっているバッファが今後必要だろうということで自作しておくことにしました。ピックアップの特性測定にも使えるように、ロータリースイッチで入力部の抵抗・コンデンサを切り替えられるようにしてあります。

名前は何でもよかったのですが、ロータリースイッチが特徴的なので単純に「Rotary Buffer」ということにしました。ちなみに、この語句を検索すると塗装仕上工程のバフ掛けで使うような研磨機が出てきます。

▽回路図

電源は負電圧出力チャージポンプICを使って両電源とし、ローパスフィルタとレギュレータでノイズ対策を行っています。正直なところ、音質面を考えたというよりやってみたかっただけです。両電源にすると基準電位がグラウンドになるので、倍電圧生成よりも都合がよいことが多いように思います。特に今回は入力のカップリングコンデンサC1を充電する必要がなくなるというメリットがあります。NJW4191は便利なICですが、6ピン(ON/OFF)の電圧が6Vを超えないよう注意が必要です。

音量を下げる場合には反転増幅回路の方が一般的だと思いますが、位相反転させたくなかったため非反転増幅で増幅率を1未満にできるタイプの回路としました。音量変化のカーブがやや不自然になるので、ノブの周りに-20(dB)といったシールを実測しつつ貼っています。コンデンサの容量についても実測しましたが、実際に音声信号を通した状態ではシール記載の値より20pF程度多い状態になるようです。10MΩと100MΩ抵抗はとりあえず付けたものの、ほとんど変化がないのであまり意味はありません。オペアンプNJM8901やPMLCAPは、やや高価ですが何となく安心感があるので使ってみました。音量を下げられるのは地味に有用で、思ったより活躍の場は多そうです。

タグ : 自作エフェクター 回路図 ブースター 

バイパススイッチ/ブースター(Pure Data パッチ)

デジタルエフェクターの場合でも、物理的にトゥルーバイパスにするのも一つの手だと思います。しかし、それだとフットスイッチに別の機能を割り当てることができないので、Pure Data(Pd)のパッチ内でエフェクトオン・オフを切り替えることにします。

03p_195_1boostP.pngこのパッチをダウンロード
エフェクトオン時(トグルスイッチが[×]の時)に[spigot~]の左アウトレットから右アウトレットに出力が切り替わります。右アウトレットからの出力に対し、様々なエフェクト処理を行っていく形になります。

エフェクト切替時には下図のように、波形が途切れて雑音が出ます。[line~]で音量を滑らかに変化させれば雑音を消すこともできますが、ごくわずかなので気にしないことにします。
03p_195_2boostPi.png

エフェクト処理は、音量を増減させるだけです。ナンバーボックスで変化させる量をdBで指定します。PdでのdB値は、100が基準(等倍)なので+100しています。そして、[dbtorms]で実際計算に使う倍率へ変換します。

RasPd2ではSN比改善のため入力で+9dB、出力で-9dBしています。その関係で、入出力が最大0.32Vrms程度です。あまりないとは思いますが、単体でクリーンブースターとして使う場合には力不足となってしまいます。

タグ : PureData ブースター 

MXR micro amp+ その2

02_75_1microaaP.jpg
以前作ったmicro ampは知り合いにプレゼントしたので、自分用に1個作っておこうと思いました。ただ普通に作っても面白くないので、ロータリースイッチでゲインを切り替えるようにしてみました。

▽回路図
02_75_2microaaSch.gif
原音を変化させないクリーンブースター(のはず)です。スイッチを回すと0dB(音量そのまま)~+24dBまで6dBずつ音量があがります。ロータリースイッチはショート型がよかったんですが、手持ちがノンショート型だったので切り替え時にノイズが出ます。バイパスしてから切り替えればよいのでまぁ問題はないです。デュアルオペアンプを使いたかったので余ったオペアンプをバイアスに使っています。効果のほどはよくわかりませんが…

▽レイアウト
02_75_3microaaL.png
▽PCB(横27.9mm縦22.9mm)
02_75_4microaaLP.gif
ロータリースイッチがケース内の場所をとっているせいで基板を小さくしなければならず、8穴×10穴につめこんでいます。

2回路のスイッチを利用し、ゲインとともにLEDが切り替わるようにしています(下写真)。
02_75_5microaaLED.jpg
白(0dB)→緑(+6dB)→黄(+12dB)→橙(+18dB)→赤(+24dB)
ケースは手抜きで塗装してないのでシンプルな外見ですが、LEDの切り替えが楽しくて結構気に入ってます。

---2015年1月5日追記---
ロータリースイッチをレイアウト画像に追加しました。ロータリースイッチは秋月電子で買った2回路6接点のノンショートタイプです。ネジを取ってストッパーを入れることで接点数を変更できます。

(2016年11月9日部品リスト・PCB追加)

タグ : 自作エフェクター ブースター 回路図 レイアウト 

ひよこのページ Tone Box改

02_74_1tonebP.jpg
なんとなくミッドブースターが欲しいななんて思っていたんですが、どうせならトレブルブースターも…なんて考えてるうちにたどり着いたのがひよこのページのトーンボックスです。このエフェクターは音色の変更(シングルコイルをハムバッカー風に等)もできるので、音量調節も欲しいと思いゲインポットも加えてみました。

▽回路図
02_74_2tonebSch.gif
ゲインは真ん中で原音と同じ音量になります。BASS、MID、TREBLEで調節する周波数は元のままで変えていません。

▽レイアウト
02_74_3tonebL.png
▽PCB(横55.9mm縦40.6mm)
02_74_4tonebLP.gif
配線をしやすいようにしてみました。フルレンジブースターとして使うこともできます。いろんな使い方ができてとても便利です。

塗装の途中で塗料が切れてしまって極薄塗装になってしまいました。すでにGAINの横が剥がれてきてます。やっぱりちょっと値段が上がっても塗装済みのケースがいいですね。

タグ : 自作エフェクター ブースター イコライザー 回路図 レイアウト 

MXR micro amp+ その1

02_72_1microamoP.jpg
思いつきで作ったMXR micro ampです。ちょっと回路をいじっていますが、まぁ公開するまでもないです。単に音量を上げるというブースターなんですが、1つ持っておくと便利そうです。ケースは100円ショップのものですが意外と丈夫みたいです。
※知り合いにプレゼントしたので現在は手元にありません。

タグ : 自作エフェクター ブースター 

管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
X(旧Twitter)
Instagram
GitHub
BOOTH

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

回路図   自作エフェクター   歪み   周波数特性   市販エフェクター   レイアウト   マイコン   波形・倍音   PureData   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   歪率   エレキベース   エフェクター自作方法   コーラス   真空管   ピックアップ   静音ギター   SansAmpBDDI   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   ブースター   アコースティックギター   ソロギター   イコライザー   ポールピース   コンデンサ   コンプレッサー   ディレイ   TAB譜   DIY_Layout_Creator   ビブラート   フェイザー   トレモロ   バッファー   ワウ   オートワウ   

最近の記事
最新コメント
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター