Fender Bassman 30 修理

07_128_1FB30.jpg
Fender Bassman 30というアンプをジャンクで入手しました。詳細はよくわかりませんが、裏パネルのシールにFender Japanと書いてあります。全く音が出ないので心配しましたが、スピーカーに繋ぐ配線が外れていただけでした。

せっかくなので電解コンデンサ、電源スイッチやネジ類を交換しました。内部の様子は下写真です。
07_128_2FB30i.jpg
回路図は採取していません。パワーアンプICはμPC1188です。よくコンプレッサーに使うICのCA3080が入っています。過大入力が入ったときにLEDが光るようです。トーンコントロールはよくあるドンシャリのパッシブトーン回路だと思います。

タグ : エレキベース アンプ 

ポールピースのアース落とし

ピックアップのポールピースに触るとジーというノイズが入るというのは多くの人が経験されたことがあると思います。まぁそこまで大きな音ではないので特に気にしなくてよいかもしれません。
私の場合、ベースの弦をエリクサーに変えたとき弦アースがとれなくなったらしく、指をポールピースに近づけるだけで結構大きなノイズが出てしまいました。それでポールピースをアースに落とすことにしました。

GOTOH PICKUPSのプレシジョンベース用モデルPB-Customです。裏側に磁石がついているため表側まで銅箔テープを貼りました。導電塗料で銅箔とポールピースをつなぎ、テスターで導通を確認します。また、コイルに巻いてある線とアースがショートしてしまうと音が出なくなるので必ず確認します。テープがすぐはがれそうなので瞬間接着剤で補強もしています。
16_125_1PBPU00.jpg

このままではピックアップカバーと導電塗料が接触してはがれてしまいそうなので、カバーを少しだけ浮かせることにしました。わかりにくいですがカバーの内側にプラスチック片を取り付けています。さらに念のためカバーの上面に透明なシールを貼って指とポールピースが接触しないようにしました。
16_125_2PBPU01.jpg

この改造をしたベースはキャビティ内部に導電塗料を塗っているため、全くノイズがなくなりました。細かい部分ですがストレスなく弾けるというのは重要だと思います。

---2013年9月7日追記---
ベース単体だと問題なかったのですが、エフェクターを繋いだ状態だとノイズが乗るようです(アースに手を触れると止まります)。なかなかノイズというのは難しいものですね。

タグ : エレキベース ピックアップ ポールピース 

プレシジョンベース用ピックアップをアコースティックギターへ取り付ける

プレシジョンベース用のピックアップのポールピースの間隔は9.5mmぐらいなので、ギターにも取り付けできるかもしれないと思いやってみました。下写真のように、アルミ板にピックアップと木片を取り付け、アコースティックギターのサウンドホール部分に取り付けられるようにしました。
15_122_1PBAC.jpg
それで音はというと、残念ながら全然アコギっぽい音にはなりませんでした。やはりちゃんとしたアコギ用ピックアップを買ってみようと思います。

タグ : アコースティックギター エレキベース ピックアップ 

ジャズベース用ピックアップ DiMarzio Ultra Jazz(DP147、DP148、DP149)の改造

ジャズベース用ピックアップはポールピースの高さを調整できるものが少ないですね。試しにポールピースをドリルで削ろうとしましたが、全然歯が立ちませんでした。ポールピースを薄く切った「スライス磁石」をくっつけるといったことをされている方もいらっしゃいますが、そういった加工はなかなか難しいです。

私が使っているジャズベースのピックアップDiMarzio Ultra Jazzは2つのコイルが入っているタイプです。これだとプレシジョンベース用ピックアップのように傾けて取り付けできるのではないかと思い改造してみました。



16_120_1DP01.jpg
DiMarzio Ultra Jazzの裏側です。磁石が2つに分かれてついているのがわかります。
ピックアップカバー内には2つのコイルが入っていて、リアのみやフロントのみで使用した場合でもハムキャンセルでノイズを抑えられる構造になっています。



16_120_2DP02.jpg
樹脂のようなもので固めてありますが、カッターで容易にはがすことができます。そして中の2つのコイルを取り出します。



16_120_3DP03.jpg
端にプラスチック片を瞬間接着剤で貼り付けました。事前の計算の結果、1弦側が1.5mm、4弦側が1mmの厚さとなっています。これによりコイルが斜めになり、音量バランスが改善するというワケです。

斜めになると中央部分で2つのコイルのボビンが重なるため、少し削っておく必要があります。ピックアップカバーは瞬間接着剤で固定しました。



16_120_4DP04.jpg
ベースに取り付けた様子です。ポールピースがへこんでいるように見えます。

他にもハムキャンセル構造を持ったピックアップであれば似たような改造ができるかもしれません。個人的にはこれでだいぶ快適に弾けるようになりました。

タグ : エレキベース ピックアップ ポールピース 

ヘッドフォンアンプその3

08_116_1HEAD3.jpg
しつこいですが、またもヘッドフォンアンプです。以前作ったヘッドフォンアンプその2からさらに変更しています。まず、片チャンネルに1つずつデュアルオペアンプを使用しました。歪みにくくなった気がしますが、あまり電池がもたないかもしれません。また、ヘッドフォンアウトとは別にラインアウトを設けました。

回路図、レイアウトは下図です。
08_116_2HEAD3s.gif
08_116_3HEAD3l.png
なんとなく低音を強化する意味で470uの電解コンデンサを使いましたが、220uでもよいと思います。今回はアルミケースに入れたり、スイッチ付きボリュームを使ったりして気合の入った作りですが、少々重かったです…

タグ : エレキベース ヘッドフォンアンプ 

管理人

管理人

自己紹介のページ
記事一覧
Twitter
GitHub

ブログ内検索
カテゴリー
タグ

自作エフェクター   レイアウト   回路図   歪み   PureData   周波数特性   マイコン   波形・倍音   RaspberryPi   エレキギター   アンプ   エレキベース   エフェクター自作方法   歪率   真空管   コーラス   ピックアップ   静音ギター   ヘッドフォンアンプ   擬似ギター出力   市販エフェクター   アコースティックギター   ブースター   コンデンサ   ソロギター   ポールピース   イコライザー   コンプレッサー   ビブラート   フェイザー   トレモロ   TAB譜   ディレイ   DIY_Layout_Creator   ワウ   オートワウ   バッファー   

最近の記事
最新コメント
Twitter
RSS
メールフォーム
当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター